ツルに魅せられて  Fascinated by Cranes

参考文献

Princeton Field Guides: Ian Sinclair, Phil Hockey, Warwick Tarboton, and Peter Ryan 『Birds of Southern Africa』

Janice M. Hughes『Cranes - A Natural History of a Bird in Crisis』

Wikipedia

ハゴロモヅル  Blue Crane



英名: Blue Crane

学名:  Anthropoides paradiseus

アフリカーンス名: Bloukraanvoël

全長:  100-120cm


南アフリカの国鳥。完全な固有種ではありませんが、ほとんどの個体が南アフリカ共和国に生息します。渡りをしない留鳥です。英名は「アオヅル」。青灰色といったほうが現実に近いでしょうが、南アフリカ・ケープ地方の強い日差しの下では、たしかに「青」の印象が強くなります。。学名からいうと、「ゴクラクヅル」。丹頂の頭頂部のように、皮膚の露出した赤い部分が、学名でgrusと呼ばれるツルの仲間の特徴ですが、アネハヅル属(Anthropoides)のこの種(とアネハヅル)にはそれがありません。

産卵時、卵は2個産みます。

南アフリカのズールー人にとって神聖な存在とされていて、王族のみがその羽根を身に着けることが許されているそうです。生息数は1万2千羽程度とされています。



2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州

2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州
作品集へ

2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州
作品集



2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州

2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州

2013年9月
南アフリカ共和国
西ケープ州





作品集:

ハゴロモヅル-1 西ケープ州(2013)

ハゴロモヅル-2 西ケープ州(2013)