プロフィール

基本情報

井手口彰典(いでぐちあきのり、IDEGUCHI Akinori)
 所属 : 立教大学 社会学部 メディア社会学科
 職位 : 准教授
 学位 : 博士(文学)大阪大学 / 修士(教育学)広島大学
 専門 : 音楽社会学
 住所 : 埼玉県

所属学会

日本ポピュラー音楽学会
日本音楽教育学会
日本音楽学会
コンテンツ文化史学会

ReaD&Researchmap登録情報

ReaD&Researchmap

主要研究テーマ

1.情報技術と音楽
2.オタク系文化と音楽
3.戦前・戦後の童謡文化

経歴

学歴
1997年4月 大阪大学文学部人文学科 入学 [2001.3 卒業]
2001年4月 広島大学大学院教育学研究科 生涯活動教育学専攻音楽文化教育学専修 博士前期課程 入学 [2003.3 修了、修士(教育学)]
2004年4月 大阪大学大学院文学研究科 文化表現論専攻 音楽学・演劇学専修 博士後期課程 入学 [2007.3 修了、博士(文学)]
職歴
2003年4月 研究生、大阪大学大学院文学研究科 [〜2004.3]
2007年4月 リサーチアシスタント、関西学院大学大学院社会学研究科21世紀COEプログラム「『人類の幸福に資する社会調査』の研究」 [〜2007.9]
2007年10月 専任講師、鹿児島国際大学福祉社会学部 [〜2013.3]
2010年4月 【兼任】非常勤講師、鹿児島大学教育学部 [〜2010.9]
2011年4月 【兼任】非常勤講師、鹿児島大学法文学部 [〜2013.3]
2012年4月 【兼任】客員准教授、放送大学鹿児島学習センター [〜2013.3]
2013年4月 准教授、立教大学社会学部 [〜現在]
2016年4月 【兼任】非常勤講師、東京藝術大学音楽学部(音楽環境創造科) [〜2017.3]
2018年4月 【兼任】非常勤講師、東京藝術大学音楽学部(楽理科) [〜現在]

主要担当授業(演習系を除く)

立教大学社会学部
 ・音楽社会学
 ・若者とメディア
東京藝術大学音楽学部(楽理科)
 ・音楽社会学


※ 過去に担当したもの

東京藝術大学音楽学部(音楽環境創造科)
 ・ポピュラー音楽研究
立教大学社会学部
 ・メディア文化論
鹿児島大学法文学部
 ・現代文化論
 ・現代メディア文化論
鹿児島大学教育学部
 ・家庭情報処理
鹿児島国際大学福祉社会学部
 ・現代社会特講 III
 ・社会学 I・II
 ・情報社会論
 ・情報ネットワーク論
 ・マルチメディア論

自伝っぽいもの

 1978年、広島県広島市生まれ。市北部のニュータウンで育つ。小学校時代から、勉強はまあよくできた方だと思う。特に国語に強かったのは、物心ついた頃から続いていた、就寝前の両親による「読み聞かせ」の効果だろう。感謝感謝。中学受験を経て広島大学附属中学校へ進学、部活で管弦楽班に参加。いわゆる吹奏楽ではなく中高一貫のオーケストラだったことが、今になって考えてみれば自分の人生を方向付けた。ちなみに担当楽器はトロンボーン。

 広島大学附属高校を経て、1997年、大阪大学文学部に進学。本当は音大に行きたかったのだが、ピアノが苦手だったため断念。実技の不要な進学先はないかと悩んでいたときに「音楽学」の存在を知った。阪大を選んだのは、そこが文系学部のなかに独立した講座として音楽学を擁するほとんど唯一の国立大学だったから。念願叶って音楽学研究室に所属、卒業論文のテーマは関西圏の学生オーケストラにおける演奏曲目の変化について。また大学入学と同時に阪大オーケストラの門を叩くも、こちらはどうも雰囲気が肌に合わず数ヶ月で退団、偶然トロンボーンを募集していた関西学院交響楽団で再出発。学部3年からはこの関学オケで学生指揮者に就任。自慢じゃないが(と自慢するが)4年時にはソニー主催の全日本学生オーケストラ大会で大賞を受賞のうえ、指揮者特別賞までもらったりした。

 「大学で学んだことを社会にフィードバックするスキルが欲しい」と考え、修士課程では広島大学大学院教育学研究科に進学、音楽教育学を専攻する。久々に戻った地元広島で中高時代の悪友に再会、いわゆる「オタク」の世界に案内される。強烈なカルチャーショックを受け、それ以降「オタクと音楽」が自らの研究課題の一つになる。他方、修士論文のテーマは、DTM(Desk Top Music:家庭用コンピュータ音楽)が、教育界を含む社会全般からどう受容され、自己表現の手段としてどう活用されているのかについて。

 教育学にはもちろん強い関心があったし、もっとその勉強も続けたかったが、自分の関心がより強く向いているのは「社会」や「技術」と音楽との相互関係だと悟り、修士課程修了の後は再び大阪大学へ。1年間の研究生生活を経て、2004年、大阪大学大学院文学研究科の博士後期課程へ進学。博士論文のテーマは、情報通信技術(ICT)が我々の音楽実践、とりわけ録音物の聴取に及ぼす影響について。2006年、研究生時代の同期だった彼女と結婚。また同年度中に博士学位申請論文を阪大に提出、博士号(文学)を受ける。課程修了の後、2007年4月からは関西学院大学でCOEプログラムを推進するリサーチアシスタントに就任、また日本音楽学会関西支部の事務局員を兼任。

 2007年10月より、鹿児島国際大学福祉社会学部の専任講師として鹿児島市に赴任。ビバ鹿児島。翌08年に長女が、また11年には二女が誕生。2009年、博論をリライトした単著『ネットワーク・ミュージッキング』を勁草書房より上梓、翌10年に電気通信普及財団の「テレコム社会化学賞」奨励賞を授与される。よかったよかった。勢いを駆って2012年、博論と平行しつつ10年来続けてきたもう一つの専門である同人音楽について、単著『同人音楽とその周辺』を上梓。

 2013年4月より立教大学社会学部准教授に着任し、上京。2014年には長男が誕生。2016年、指揮者として長く活動に参加してきた東広島交響楽団の第20回演奏会において、新垣隆氏のピアノ協奏曲〈新生〉を担当、ご本人(独奏ピアノ)との共演を果たす(ちなみに同演奏会のメインプログラムは氏の交響曲〈連祷-Litany-〉の世界初演)。また同年には日本ポピュラー音楽学会の第28回全国大会で実行委員長も努める。

 2018年2月、三冊目の単著『童謡の百年』を上梓。

[以上、2018.4.現在]

 

興味・関心

アルコールなら、(甘いヤツ以外)基本的になんでも。
ビールはキリンかサッポロ、日本酒なら淡麗辛口系。ウィスキーで一本だけ挙げるならやはりラガヴーリンか。
鹿児島で暮らしてたので芋焼酎にもだいぶ詳しくなりました。

楽器

最近はもっぱら指揮棒。PickBoyのグラスファイバー製で一番短いヤツ。
もともとの担当はトロンボーン、V.BachのModel-50BLG オープンラップ & 10.5インチラージベル仕様のバス。
他には、ウィーンの蚤の市で買った推定百歳(国内の楽器店談)のヴァイオリン(ただし無銘、楽器としての価値はほぼない模様)とか、69年製ヤマハカスタムメイドクラシックギターとか。

バイク

原付の後、ゼファーχ、ゼファー750RSエストレヤW650と乗り継いできて、 現在はNINJA250R
特にこだわってるわけじゃないけど、気づけばずっとカワサキ。

ワープロ

一太郎信者。日本語入力には絶対ATOKだって。

腕時計

オンにはジャガールクルトの「レベルソ・デュオ」。オフにはロレックスの「ヨットマスター・ロレジウム」。
海外出張や試験監督の際には、父親から譲り受けた「グランドセイコー」。バイクで走りに出る時には、セイコー5のパイロットウォッチ「SNZG13J1」。

カープ

2016年、祝優勝! 長かった‥‥次は日本一!

 

コンテンツ

連絡先

〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学社会学部 井手口研究室
TEL: 03-3985-3359(社会科学系事務室)
Mail: ideguchi[at]rikkyo.ac.jp