ヱビのノート

ウチュジン

トップ > AB_EnemyBook.js

AB_EnemyBook.js

RPGツクールMV用プラグイン「AB_EnemyBook.js」を作りました。

2017/08/30 バージョンを 1.08 に更新しました。→更新内容

version 1.03

AB_EnemyBook.js

上記リンクを右クリック→名前を付けてリンク先を保存でダウンロード

解説ゲーム

以下はエディタで見れるヘルプです。

どんなプラグイン?

戦闘中も確認できるモンスター図鑑が作れます。Yoji Ojima 氏のプラグイン「EnemyBook.js」を改変しました。

表示されるもの

図鑑で表示できるものは以下です。プラグインパラメータで表示するかしないかを設定できます。

  • 敵の番号
  • レベル(メモ欄)
  • その敵を倒した数
  • HP、MP、攻撃力、防御力、魔法力、魔法防御、敏捷性、運
  • ドロップアイテム
  • 効きやすい属性、効きにくい属性
  • 効きやすいステート、効きにくい(無効含む)ステート、効かないステート
  • 説明文(メモ欄)

属性を表示するときは、2通りの方法があります。

  1. 属性の名前の中にアイコンを入れる
    例:\i[64]炎
  2. プラグインパラメータを使う
    version1.04で追加しました。UseElementIconInPluginParameterをONにし、ElementIconsに属性アイコンの番号を半角スペースで区切って並べてください。

まだ図鑑に登録されていない敵との戦闘中に図鑑を開くと、データが「???」と表示されます。「???」の部分はプラグインパラメータの UnknownDataで設定できます。

プラグインパラメータ ShowCurrentStatus を ON にすると、戦闘中に図鑑を開いたとき、現在の敵キャラのパラメータが表示されます。現在HPだけでなく、攻撃力や属性有効度も変化していると現在の値が表示されます。 これは後述のプラグインコマンドで変更できます。

他にも、後述の目安となるレベルを敵キャラのメモ欄で設定した場合、表示されます。

Version 1.02からは全ての項目を表示すると画面をはみ出してしまうので、プラグインパラメータでどの項目を表示するか設定してください。

図鑑に登録されるタイミング

プラグインパラメータ ResisterTiming で、図鑑に登録されるタイミングを設定できます。

  • 0: 登録されない
  • 1: 戦闘開始時
  • 2: 戦闘終了時

EnemyBook.jsと同じコマンド

プラグインコマンド:

EnemyBook open
図鑑画面を開きます。
EnemyBook add 3
敵キャラ3番を図鑑に追加します。
EnemyBook remove 4
敵キャラ4番を図鑑から削除します。
EnemyBook complete
図鑑を完成させます。
EnemyBook clear
図鑑をクリアします。
EnemyBook getAchievement per 12
図鑑の達成率(%)を変数12番に入れます。
EnemyBook getAchievement num 14
図鑑の登録数を変数14番に入れます。
EnemyBook isRegistered 5 96
敵キャラ5番が図鑑に登録されているかどうかをスイッチ96番に入れます。
EnemyBook getDefeatNumber 3 24
敵キャラ3番を倒した数を変数24に入れます。

敵キャラのメモ:

<desc1:なんとか>
説明1行目です。
<desc2:かんとか>
説明2行目です。
<book:no>
これを設定した敵キャラは図鑑に載りません。

その他のプラグインコマンド

EnemyBook showInBattle
戦闘中に図鑑を開くことができるようにします。
EnemyBook hideInBattle
戦闘中に図鑑を開くことができないようにします。
EnemyBook showCurrentStatus
戦闘中に図鑑を開くと、現在の敵のパラメータを見られるようにします。
EnemyBook showGeneralStatus
戦闘中に図鑑を開くと、その敵の一般的な情報を見られるようにします。

図鑑に関するスキル

スキルのメモ:

<addToEnemyBook>
対象を図鑑に登録します。
対象が図鑑に載る敵キャラだった場合は成功メッセージが、そうでなかった場合失敗メッセージが表示されます。
<checkEnemyStatus>
対象の情報を見ます。
対象が図鑑に載る敵キャラだった場合図鑑が表示され、そうでなかった場合失敗メッセージが表示されます。
このスキルでは、対象の現在のパラメータ(現在HPなど)が表示されます。

この2つのスキルのメッセージはプラグインパラメータで設定できます。

その他のタグ

敵キャラのメモ:

<bookLevel:3>
図鑑に強さの目安となるレベルを記載します。何も書かなければ、何も表示されません。
<bookCanCheck>
Version 1.04で追加しました。
<book:no>を書いた敵でもこのタグを付ければ<checkEnemyStatus>のスキルでチェックできます。

ステートのメモ:

<book:no>
図鑑に表示しないようにできます。

更新履歴

Version 1.08
YEP_X_AnimatedSVEnemies.jsを使っているとき、アクターが表示されるようにしました。
Version 1.07
プラグインパラメータDispLvでレベルを表示するかどうか選べるようにし、倒した数をレベルの次に表示するようにしました。
Version 1.06
プラグインコマンドを4種追加しました。図鑑の達成率、登録数、敵キャラが登録されているかどうか、敵キャラを何体倒したかの4種を取得できます。
Version 1.05
図鑑に敵を倒した数を表示できるようにしました。
Version 1.04
属性の中にアイコンを書けない時のため、プラグインパラメータで属性のアイコンを設定できるようにしました。
<book:no>が設定されている敵キャラでも、<bookCanCheck>が設定されていればスキルでならチェックできるようにしました。
Version 1.03
モンスターの番号を表示できるようにしました。
達成率を表示するようにしました。
無効化ステートの項目をONにしているとき、耐性ステートには無効化ステートは表示されないようにしました。
Version 1.02
無効ステートの項目を追加しました。
耐性の項目が奇数のとき、図鑑説明がかぶってしまう不具合を修正しました。
Version 1.01
表示項目によって余白を削り、ウィンドウの高さを小さくするようにしました。 高さを計算するために、説明を表示するかどうかを設定するプラグインパラメータDispDescribe を追加しました。
また、対象の情報を見るスキルを使ったとき、敵を選択するウィンドウを非表示にするようにしました。
Version 1.00
初版

利用規約

  • クレジット表記は不要
  • 営利目的で使用可
    • ただし、素材そのものの販売は禁止です。
  • 改変可
  • 素材だけの再配布も可
  • アダルトゲーム、残酷なゲームでの使用も可
  • ツクール素材の改変素材です

トップ > AB_EnemyBook.js