ヱビのノート

ウチュジン

トップ > AB_EnemyBook.js

AB_EnemyBook.js

RPGツクールMV用プラグイン「AB_EnemyBook.js」を作りました。

2018/10/06 バージョンを 1.20 に更新しました。→更新内容

version 1.03

AB_EnemyBook.js

上記リンクを右クリック→名前を付けてリンク先を保存でダウンロード

解説ゲーム

以下はエディタで見れるヘルプです。

概要

RPGツクールデフォルトでついてくる、Yoji Ojima 様のプラグイン「EnemyBook.js」の改変プラグイン

〇できること

  • モンスター図鑑を開ける
  • EnemyBook.jsではなかった項目も見られる
  • 戦闘中に図鑑を見られるコマンドを追加可能
  • 敵の情報を見るチェックスキルを作れる

〇表示できるもの(★はEnemyBook.jsにはなかった項目)

  • 敵の名前
  • 敵のイラスト
  • 敵の番号
  • レベル(メモ欄で設定)
  • その敵を倒した数
  • HP、MP、攻撃力、防御力、魔法力、魔法防御、敏捷性、運
  • ドロップアイテム
  • 効きやすい属性、効きにくい属性
  • 効きやすいステート、効きにくい(無効含む)ステート、効かないステート
  • 説明文(メモ欄で設定、2行)
  • 図鑑の達成率

4つの使い方

1.図鑑
表示:図鑑に登録されているすべての敵のリスト
操作:アイテムを使ったり、人に話しかけたり、戦闘中に「図鑑」コマンド

2.バトル中の敵のステータス一覧
表示:バトル中の敵のリスト。HPゲージなど、現在のステータス
操作:戦闘中に「敵の情報」コマンド。現在の情報を見る設定がONになっているとき

3.バトル中の敵の図鑑の情報
表示:バトル中の敵のリスト。現在のステータスではなく、図鑑の情報
操作:戦闘中に「敵の情報」コマンド。現在の情報を見る設定がOFFになっているとき

4.チェック
表示:チェックした敵の現在のステータス
操作:チェックスキルを敵に対して使用

とりあえずの導入方法

このプラグインをプラグインマネージャーで読み込んで、 図鑑を表示するイベントにプラグインコマンド「EnemyBook open」を加えるだけ!

データベースの敵キャラは、名前が空白でなければ図鑑に登録されていきます。 (名前があっても図鑑に登録したくない敵キャラには、設定が必要です)

ただ、そのままでは表示する項目が多すぎて表示しきれていないので、 プラグインパラメータで表示する項目を削りましょう。

その他

〇属性の表示方法、2通り

1.属性の名前の中にアイコンを入れる
例:\i[64]炎
2.プラグインパラメータを使う - v1.04
UseElementIconInPluginParameterをONにし、 ElementIconsに属性アイコンの番号を半角スペースで区切って並べてください。
例:76 64 65 66 67 68 69 70 71

〇未確認の敵キャラ「???」

まだ図鑑に登録されていない敵との戦闘中に図鑑を開くと、データが「???」と 表示されます。「???」の部分はプラグインパラメータの UnknownData で設定できます。

〇現在の情報を見る設定

プラグインパラメータShowCurrentStatus を ON にすると、 戦闘中に図鑑を開いたとき、現在の敵キャラのパラメータが表示されます。 現在HPだけでなく、攻撃力や属性有効度の変化も表示されます。 現在の情報を見る設定は、プラグインコマンドで変更できます。

〇図鑑に登録されるタイミング

プラグインパラメータ ResisterTiming で、図鑑に登録されるタイミングを設定できます。

  • 0: 登録されない
  • 1: 戦闘開始時
  • 2: 戦闘終了時

プラグインコマンド

〇EnemyBook.jsと同じコマンド

EnemyBook open
図鑑画面を開きます。
EnemyBook add 3
敵キャラ3番を図鑑に追加します。
EnemyBook remove 4
敵キャラ4番を図鑑から削除します。
EnemyBook complete
図鑑を完成させます。
EnemyBook clear
図鑑をクリアします。

〇その他のプラグインコマンド

EnemyBook showInBattle
戦闘中に「敵の情報」を開くことができるようにします。
EnemyBook hideInBattle
戦闘中に「敵の情報」を開くことができないようにします。
EnemyBook showCurrentStatus
戦闘中に「敵の情報」を開くと、現在の敵のパラメータを見られるようにします。
EnemyBook showGeneralStatus
戦闘中に「敵の情報」を開くと、その敵の一般的な情報を見られるようにします。

〇v1.06

EnemyBook getAchievement per 12
図鑑の達成率(%)を変数12番に入れます。
EnemyBook getAchievement num 14
図鑑の登録数を変数14番に入れます。
EnemyBook isRegistered 5 96
敵キャラ5番が図鑑に登録されているかどうかをスイッチ96番に入れます。
EnemyBook getDefeatNumber 3 24
敵キャラ3番を倒した数を変数24に入れます。

〇v1.16

EnemyBook openEnemy 16
ID16の敵キャラの画面を開きます。

〇v1.17

EnemyBook showAllInBattle
戦闘中に「図鑑」を開くことができるようにします。
EnemyBook hideAllInBattle
戦闘中に「図鑑」を開くことができないようにします。

〇v1.20

EnemyBook clearDefeatNumber
倒した数をリセットします。

敵キャラのメモ欄

〇EnemyBook.jsと同じタグ

<desc1:なんとか>
説明1行目です。
<desc2:かんとか>
説明2行目です。
<book:no>
これを設定した敵キャラは図鑑に載りません。

〇その他のタグ

<bookLevel:3>
図鑑に強さの目安となるレベルを記載します。 何も書かなければ、何も表示されません。
<bookCanCheck>
Version 1.04で追加しました。
<book:no>を書いた敵でもこのタグを付ければ<checkEnemyStatus>のスキルで チェックできます。

スキルのメモ欄

<addToEnemyBook>
対象を図鑑に登録します。 対象が図鑑に載る敵キャラだった場合は成功メッセージが、 そうでなかった場合失敗メッセージが表示されます。
<checkEnemyStatus>
対象の情報を見ます。 対象が図鑑に載る敵キャラだった場合図鑑が表示され、 そうでなかった場合失敗メッセージが表示されます。 このスキルでは、対象の現在のパラメータ(現在HPなど)が表示されます。

この2つのスキルのメッセージはプラグインパラメータで設定できます。

ステートのメモ欄

<book:no>
このステートを図鑑に表示しないようにできます。

更新履歴

Version 1.20
倒した数をリセットするプラグインコマンドを追加しました。
Version 1.19
YEPのプラグインを使わずに図鑑を開いたとき、変数Importedが見つからないというエラーが出る不具合を直しました。
Version 1.18
戦闘中に「図鑑」コマンドで開いたとき、まだ図鑑に登録されておらず、 索引名が?????になるはずの敵キャラの名前が表示されてしまっていた不具合を直しました。
Version 1.17
ヘルプを見やすくしました。
戦闘中に図鑑のすべての敵キャラの情報を見られるコマンド「図鑑」を追加しました。 そのため、プラグインパラメータ2つとプラグインコマンド2つを追加しました。
戦闘中にアイテムなどで図鑑を開いたとき、戦闘中の敵ではなく、図鑑全体を開くようにしました。 そのとき、シーンを挿入するのではなくバトルシーン上のウィンドウを使うようにしました。 これにより戦闘中に図鑑を開いてもターンがリセットされるバグを回避できます。
Version 1.16
プラグインコマンドで、指定したIDの敵キャラの画面を開けるようにしました。
Version 1.15
YEP_X_AnimatedSVEnemiesを入れていないときエラーが発生してプレイが中断されてしまう不具合を直しました。
Version 1.14
YEP_X_AnimatedSVEnemiesを入れてもアニメーションしていなかった不具合を直しました。残っていたコンソールログを削除しました。
Version 1.13
YEP_X_AnimatedSVEnemiesを使っている場合、アニメーションするようにしました。また、YEP_X_AnimatedSVEnemiesを使っている場合でも、1回目でも表示されるようにしました。
Version 1.12
図鑑を開いたとき、1回目だけ敵キャラのスプライトがはみ出してしまう不具合を修正しました。
Version 1.11
図鑑を開いたとき、1回目は敵キャラのスプライトが表示されず、2回目にカーソルを合わせたときに初めて表示される不具合を修正しました。(YEP_X_AnimatedSVEnemiesを使っている場合、SVエネミーを表示するためにこの不具合は修正していません)
Version 1.10
ツクールのデータベースの用語で、HPやMPに「体力」などの日本語を使ったとき、文字が重なってしまうバグを修正しました。
Version 1.09
プラグインパラメータShowCurrentStatusの設定が反映されないバグを修正しました。
Version 1.08
YEP_X_AnimatedSVEnemies.jsを使っているとき、アクターが表示されるようにしました。
Version 1.07
プラグインパラメータDispLvでレベルを表示するかどうか選べるようにし、倒した数をレベルの次に表示するようにしました。
Version 1.06
プラグインコマンドを4種追加しました。図鑑の達成率、登録数、敵キャラが登録されているかどうか、敵キャラを何体倒したかの4種を取得できます。
Version 1.05
図鑑に敵を倒した数を表示できるようにしました。
Version 1.04
属性の中にアイコンを書けない時のため、プラグインパラメータで属性のアイコンを設定できるようにしました。
<book:no>が設定されている敵キャラでも、<bookCanCheck>が設定されていればスキルでならチェックできるようにしました。
Version 1.03
モンスターの番号を表示できるようにしました。
達成率を表示するようにしました。
無効化ステートの項目をONにしているとき、耐性ステートには無効化ステートは表示されないようにしました。
Version 1.02
無効ステートの項目を追加しました。
耐性の項目が奇数のとき、図鑑説明がかぶってしまう不具合を修正しました。
Version 1.01
表示項目によって余白を削り、ウィンドウの高さを小さくするようにしました。 高さを計算するために、説明を表示するかどうかを設定するプラグインパラメータDispDescribe を追加しました。
また、対象の情報を見るスキルを使ったとき、敵を選択するウィンドウを非表示にするようにしました。
Version 1.00
初版

利用規約

  • クレジット表記は不要
  • 営利目的で使用可
    • ただし、素材そのものの販売は禁止です。
  • 改変可
  • 素材だけの再配布も可
  • アダルトゲーム、残酷なゲームでの使用も可
  • ツクール素材の改変素材です

トップ > AB_EnemyBook.js